りんご7976に熱を加えて減る栄養素と増える効果とは?

リンゴの主な栄養素はビタミンC、リンゴポリフェノール、オリゴ糖、ペクチンです。これらの栄養素は皮と実の間に多く含まれています。 ビタミンCは風邪予防に、リンゴポリフェノールは抗酸化作用に、オリゴ糖は腸内善玉菌を増やしてくれます。植物性食物繊維であるペクチンはコレステロールの吸収を抑えてくれる働きや整腸作用があります。そのままでも美味しいリンゴですが、焼きリンゴなど、加熱しても美味しく食べられます。加熱すると残念ながらビタミンCやカリウムは減ってしまいますが、ペクチンは分子量が小さくなるために9倍も増えます。食事の時に食物繊維の多い野菜を先に食べると血糖値の上昇や肥満を防げると言われますが、これは余分なものを食物繊維が排出するためで、りんごに含まれるペクチンも同じ働きをしてくれるのです。 焼きリンゴにすれば皮も食べやすくなり、相性の良いシナモンを使えば体を温める効果や血行促進も期待できます。焼くだけでなく、煮たり、すりおろしたリンゴを温める調理方法もあります。 腸内環境を良くしたい人は、リンゴを加熱して食べるとよいでしょう。焼きたてのアップルパイも美味しく食べられてお腹にやさしく、健康によさそうですね。

世界各国で食べられているりんご7976。生産量一位はあの国。

現在りんごは世界の80カ国以上の地域で生産されています。「ニュートンの樹」でも有名なりんごですが、生産量一位はニュートンの出身地のイギリス、ではなく、中国です。次いで、アメリカ、ポーランドの生産量が多く、日本は16位とないっています。 「一日一個のりんごで医者いらず」と言われ、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富です。また、そのまま生で食べる以外にアップルパイやアップルジュース、料理の隠し味など食べ方が豊富ということもあり、世界各国で食べられているのも納得ですよね。